• ホーム
  • ホワイトハットSEOとは何か?どういう方法?

ホワイトハットSEOとは何か?どういう方法?

Googleではインデックス登録や検索結果の表示順位を決めるために、各サイト・ページごとに評価をする仕組みになっています。サーチエンジンのプログラムは人間のように記事の内容を判断することができないので、外部サイトに登録された被リンクの種類・数や重複コンテンツをチェックすることで評価を行います。評価のポイントは、同じジャンルのコンテンツを扱うサイトで被リンクが貼られていたり、サイト内に重複コンテンツがなければオリジナル性が高くて価値の高い情報とみなされます。逆に記事の内容と関係の薄いサイトやページに多くの被リンクが設けられていたり、同一のコンテンツが含まれると価値が低いと判断されて評価が落とされてしまいます。

検索結果の上位にサイトを表示させるためには、サイトやページの評価を上げることが必須です。そのためには、記事の質(信憑性や有用性)を向上させたりHTMLの記述を改善するなどのサイト内部の対策が必要です。コンテンツやページの改善に加えて、外部対策として自然なリンク(ナチュラルリンク)を増やすことも大切です。

ホワイトハットSEOはGoogleなどのサーチエンジンのプログラムにサイトを高く評価してもらえるように記事作成(コンテンツSEO)をしたり、ナチュラルリンクを増やすために行うSEO対策を指します。アフィリエイトサイトで収益化を図るためには検索結果の表示順位を上げることが必須で、上位サイトの多くはホワイトハットSEOが施されています。コンテンツの改善をしたりナチュラルリンクを増やすことは検索結果の上位サイトになるだけでなく、ページにアクセスをしたユーザーにとって役立つように改良ができるというメリットがあります。

他にもホワイトハットSEOには、モバイル機器向けのページの設置・サイトマップの作成・見出しやタイトルの最適化・アンカーテキストの最適化・内部リンクの最適化などの方法も含まれます。いずれの方法も、アクセスするユーザーにとって見やすいページに改善をすることを意味します。ホワイトハットSEO対策を実施することでサイト訪問者が快適に価値のある情報を入手できるように改善を施すことは、収益化のためにプラスに働きます。

新規に取得したドメインのインデックスが作成されて検索上位に表示されるようにするためには、ある程度の期間が必要です。コンテンツSEO対策や外部のリンク対策などを実施してドメインパワーを向上させることは大切ですが、短期間で収益化を図るために中古ドメインを活用する方法があります。ドメインパワーの高い中古ドメインを使用すれば短期間で検索上位に表示させることができるので、アフィリエイトサイトに効果的なSEO対策になります。

関連記事