• ホーム
  • ブラックハットSEOとは何か?どういう方法?

ブラックハットSEOとは何か?どういう方法?

ホワイトハットSEOはユーザーに有益な方法で内部・外部対策を施すSEOを指します。これに対してユーザーの利益ではなくて単に検索エンジンのプログラムに高く評価されるようなSEOのことを、ブラックハットSEOと呼びます。これは検索エンジンのアルゴリズムの弱点を突く形でプログラムを騙すことで、ページの評価を上げて検索上位に表示されるようにする手法です。ホワイトハットSEOが正攻法であれば、ブラックハットSEOは小手先のテクニックと呼べるでしょう。

昔の検索エンジンのプログラムは、キーワードや被リンクの数でコンテンツの価値や評価を判断するアルゴリズムが使用されていました。そのため、単純にキーワードや被リンクの数だけで判断されていたため、重複コンテンツやSEO対策のためだけに意図的で不自然なリンクを多く設ける方法が行われていました。

ブラックハットSEOの手法には、背景とアンカーテキストの色を同じにして見えなくした隠しリンクや、他サイトのコピーコンテンツを使用するなどの方法があります。他サイトの記事の文章をコピーして適当に繋ぎ合わせたワードサラダや、システムが自動生成した不自然な文章をブログに使用するケースもあります。アフィリエイト用のブログに同一のコンテンツを大量に貼り付けたり、他サイトの記事をコピーして著作権を侵害したキュレーションサイト(まとめサイト)も存在しました。

以前はこのような方法でSEO対策を施せば、検索上位での表示も可能でした。ところが近年はGoogleのプログラムが改良され、このような小手先のテクニックが見破られるようになりました。最近は隠しリンク・重複コンテンツ・ワードサラダ・著作権を侵害したキュレーションサイトなどのブラックハットSEOを実施すると評価が下げられたり、インデックスから削除されてしまう恐れがあります。現在もGoogleのプログラムはアップデートが続けられていて、ブラックハットSEOを行うと不利益を被る恐れがあります。

検索エンジン対策以外にも、ユーザーに対して広告リンクをクリックさせるための騙しリンクを設置したり、本文が読みにくくなるほどの過剰な広告を貼りつけたアフィリエイトサイトも存在します。Googleのプログラムは、ユーザーを騙すようなアフィリエイトサイトに対して検索順位を下げたりインデックスから削除して検索結果に表示させないように改良が施されています。検索エンジンのプログラムやサイト訪問者を騙す行為は検索結果に悪影響を及ぼす原因であり、最終的にサイト管理者側が利益をあげることができなくなるので注意が必要です。

関連記事