• ホーム
  • ドメインの取得方法って?

ドメインの取得方法って?

インターネット上のサーバーや各端末は、個別に割り当てられるIPアドレス(番号)によって管理されます。サイトが設置されるレンタルサーバーも固有のIPアドレスが振られていますが、人間が番号のアドレスを見ても判別をすることができません。人間が見て判別ができるような任意の英数字をサイトごとに関連付けをすることで、IPアドレスの番号ではなくて文字列からなるURLを作成することができます。IPアドレスに関連付けをする英数字の文字列がドメイン名で、他のドメインと重複していなければ使用可能です。

新たにサイトを作成する場合には、最初にURL(ページアドレス)に使用するドメイン名を取得する必要があります。ドメインを取得する方法ですが、ドメイン取得サービスを一緒に行ってくれるレンタルサーバーを利用することができます。レンタルサーバーとは別に、ドメイン取得サービスを利用して登録をする方法もあります。これらのいずれの方法であっても、登録者の情報(名前・所在地・メールアドレス・電話番号)を登録する必要があります。

ドメイン取得サービスを利用する場合に支払う料金には取得・登録手続に必要な料金と、次回更新までの更新料の両方が含まれています。更新期限を迎えたら、次の期間に必要な更新料を支払う必要があります。1年置きに更新を行う必要があるので、サイトを設置する限りは毎年更新料を支払い続けることになります。

レンタルサーバーの会社とは別の会社でドメイン名を登録したら、レンタルサーバーのIPアドレスと関連付けをするための手続きを行います。レンタルサーバーの会社ごとに手続きの方法が異なるので、サービスを提供している事業者の定める方法で手続を行うようにしましょう。

ドメイン取得サービスのほとんどは、インターネット上で希望する文字列を選んだ後、購入のための手続きを行います。日本国内でも複数の会社が取得サービスを実施しているので、インターネット上で会社を検索して料金などを比較して選ぶと良いでしょう。

レンタルサーバーの運営会社が、ドメイン名の登録サービスを行うケースもあります。このような場合は最初に希望するURLを選択または指定しておくだけで、サーバーの運営会社が登録や更新などの手続きを代行してくれます。この方法だとURLに使用可能な文字列に制約がありますが、登録のための手続きがシンプルであるというメリットがあります。初心者の方であれば、レンタルサーバーのサービスを利用する方法もいいでしょう。

関連記事